ガス給湯器センターほっとユー(神奈川県:横浜・川崎)は、神奈川の地域密着店。

ガス給湯器と設置基準とは

2016年07月23日(土) ガス給湯器
Tags: ,

ガス給湯器を設置する時折、設置基準が決まっています。
屋外行動温水器については、可燃物(不燃材のときもおんなじ)との離縁差異が器材上位は通風口よりも300mm限り離す必要があります。
また、ガス給湯器の先は600mm限り見逃す必要があります。
不燃材では、300mm以上になりますがルール余裕に600mm以上の持続が必要です。
再度600mm限り先でも通風気迫がストレート触る地点で、気迫にしょうもない物(プラスティックなど)やしみしやすい存在(塗装など)には不燃断熱材で保護する必要があります。

ガス給湯器の後方は、10mm限り離し、周囲やつは150mm限り離さなければなりません。
不燃材の場合は、45mm限りですがルール余裕に150mm以上の余裕が必用です。
また、下方は150mm以上になります。

仮に、給湯器と身の回りとの離縁差異が設置基準ままに設置されていないと、不備燃焼などがもとになって器材通風口から火の粉が来る恐れもあります。
困難危険なので、もしも設置基準どおりにされてない場合は見直しなどを受けて確認したほうがよいでしょう。